映像作品

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

アニメ映画 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」 監督:石立太一 星2つ

1. 劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 京都アニメーションが手掛ける同名テレビアニメシリーズの映画版で、2020年9月18日に公開されました。既に100万人近い動員数と10億円以上の興行収入を記録しており、十分に大ヒットだと言えるでしょう。 しかし、個人的にはやや凡庸な映画だったという印象を受けました。 もちろん、美麗なアニメーションや音楽は流石の高品質だったのですが、欠点として、戦争描写の非現実性や、物語の最終目的が「愛している」の意味を知るという点が鼻につきます。 手紙の代筆を通じて家族や恋人を繋ぐ役割を果たす代筆屋の物語、という比較的リアル路線の部分が感動への訴求点となっている作品だったので、なおさら、時おり露呈するいかにも「深夜アニメ」や「ラノベ」的側面が本作の足をかなり引っ張っているように思えたのです。 2. あらすじ 4年間に渡る大陸戦争が終結してから幾何かの時間が経過し、世界には久方ぶりの平和が訪れていた。 ライデンシャフトリヒ国の首都ライデンに住む18歳の少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンもそんな平和を享受...
天使にラブソングを

映画 「天使にラブソングを」 監督:エミール・アルドリーノ 星4つ

1. 天使にラブソングを 1992年に公開されたハリウッド映画で、大ヒットしたために日本でもよく知られているタイトルとなっております。 金曜ロードショウでも合計6回放送されており、最新の放送は2020年の5月と、近年でもその人気は衰えておりません。 そんな本作を今回初視聴したのですが、個人的にも非常に満足できる映画でした。テーマもテンポも物語の起伏も素晴らしく、常にわくわくしながら観ていられる作品です。 2. あらすじ ナイトクラブで歌手をしているデロリスはマフィアのボスであるヴィンスの愛人でもあった。 ある日、ヴィンスから貰ったコートにヴィンスの妻の名前が入っていたことに激怒したデロリスがヴィンスの部屋を訪れたとき、マフィアの下っ端が裏切りの濡れ衣を被せられてヴィンスとその側近に始末される現場をデロリスは目撃してしまう。 必死の逃亡を図って警察署に駆けこんだデロリスは警察の保護下に置かれることになったものの、殺人現場の目撃者としてマフィアから狙われているデロリスを匿う場所を選ぶのは難しい。 そんな中、デロリスの警護担当となった...
月光の囁き

映画 「月光の囁き」 監督:塩田明彦 星1つ

1. 月光の囁き 原作は週刊ヤングサンデーに連載されていた同名漫画ですが、私が本作の名前を知ったきっかけは小説家の綿矢りささんがかつて好きな映画に挙げていたという情報を得たことです。1999年公開と20年以上も前の映画で、おそらく当時においても無名な映画だったでしょう。近所のTSUTAYAには置いていなかったため、DMMの郵送レンタルサービスを使って視聴したほどです。 さて、そんな本作の感想ですが、あまりの超展開についていけなかったというのが正直なところです。特異な性癖を持った高校生男女の一風変わった恋愛物語なのですが、全体的にかなりニッチなところを突いた映画になっていて、いわゆる映画好きの人たちには受けるのかもしれませんが、尋常の感性で楽しめる作品ではないでしょう。 2. あらすじ 高校生の日高拓也(ひだかたくや)と北原紗月(きたはらさつき)は剣道部に所属する同級生。お互いに惹かれあっていたもののなかなか進展を見せない二人の仲だったが、紗月が拓也の友人からラブレターを貰ったことを契機に好意を打ち明けあい、二人は付き合うようになる。 当初は真っ当...
スポンサーリンク
オールタイムベスト

オールタイムベスト 「映像作品」ベスト5

1. オールタイムベスト「映像作品」 平素は当ブログをご覧いただきありがとうございます。 「映像作品」カテゴリの記事数が70件を越え、そろそろお薦め作品を纏めた記事があってもよいだろうと思い、当記事を作成することにいたしました。全体的に辛い評価が多いと思われる当ブログですが、Best5ともなるとさすがに星5つと星4つの作品が多くなります。 当ブログは5点満点で作品を評価しておりますが、「評価の基準」を紹介した記事にも記載の通り、「普通」は星2つで、良作ならば星3つ、そして、星4つと5つは以下の定義に依っております。 星5つ:私を惹きつけてやまない、人生で何度も読み返したくなる名作中の名作星4つ:おおむねねどの要素をとっても魅力的な、名作・名著に値する作品 そう、当記事で紹介する作品は「名作」ばかり。これを観ずには死ねないという珠玉の「名作」たちです。是非、紹介記事をご覧いただき、その魅力に気づいて頂ければと願っております。 第1位 「コクリコ坂から」 監督:宮崎吾朗 栄光ある第1位は「コクリコ坂から」。ジブリという王道...
時をかける少女

映画 「時をかける少女」 監督:大林宣彦 星2つ

1. 時をかける少女 1983年公開の旧い映画ですが、近年でも話題に上ることが多い作品です。直近では本作の監督である大林宣彦さんが2020年4月に亡くなられたことで注目を集め、4月18日には追悼の意味を込めた再放送が行われたりもしました。広島県尾道市を舞台にした「尾道三部作」の一作として、同監督の代表作に連ねられる作品です(残りの二作は「転校生」と「さびしんぼう」)。 注目を集める二つ目の理由としては、原作である同名小説がメディアミックスの底本として定番化しており、近年においても度々リメイクされているからです。2010年の実写映画(監督:谷口正晃、主演:仲里依紗)、2006年のアニメ映画(監督:細田守、主演:仲里依紗)、2016年のテレビドラマ(主演:黒島結菜)、2015年の舞台版(演劇集団キャラメルボックス)と、2000年代においてもその勢いは留まるところを知りません。 本ブログでも、原作小説及び2006年のアニメ映画版を既にレビュー済みです。 リメイクされるたびに、ある種の「元祖」として注目を集めるのが今回取り上げる1983年の実写...
ロミオとジュリエット

映画 「ロミオとジュリエット」 監督:フランコ・ゼフィレッリ 星3つ

1. ロミオとジュリエット 1968年公開の映画で、言わずと知れたシェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」の映画化作品です。近年流行りの「新解釈」などではなく、原作に忠実な脚本となっているのですが、それでいて当時は大ヒット。 アカデミー撮影賞、アカデミー衣装デザイン賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞など様々な賞を受賞しました。 そんな作品を2020年に鑑賞してみたわけですが、なかなか良かったというのが率直な感想です。 シンプルでハイテンポな恋愛劇というまさに古典王道を感じさせる作風で、しらけるような場面もなくずっと見ていられます。 凝った作品が見せる深い感動はありませんが、ハラハラ、ドキドキ、いちゃいちゃ、そして胸を衝く悲しみという要素が揃ったエンタメの良作でした。 2. あらすじ 部隊は中世イタリアの都市ヴェローナ。 この街では、モンタギュー家とキャピュレット家という二つの名家が長年にわたって抗争を繰り広げていた。 そんなある日、モンタギュー家の嫡男ロミオは、友人たちとともにキャピュレット家のパーティーに忍び込む。...
万引き家族

映画 「万引き家族」 監督:是枝裕和 星2つ

1. 万引き家族 「誰も知らない」「そして父になる」など、社会派の映画監督として国内外で高い評価を受けている是枝監督の作品。カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを獲得したことで一躍有名になりました。リリー・フランキーさんや安藤サクラさんの名演でも知られ、2018年を代表する日本映画だといえるでしょう。 そんな本作ですが、個人的にはそれほどの名作とは思えませんでした。なかなか社会問題にフォーカスすることのない日本映画では珍しく、家族の在り方や貧困問題を描いている社会派映画のヒット作ということで期待していたのですが、単なる社会問題事例集に留まっていて、映画全体を牽引する物語が存在しなかったと感じます。個々の要素はとても良いのですが、それらの繋ぎ方や組み合わせ方によって物語に起伏を生み出すことで視聴者を驚かせたり感動させるギミックに欠けていて、「映画」というよりは「映像集」になっていた印象です。 2. あらすじ 舞台は東京。豪華絢爛な都会ではなく、団地や古い一軒家が並ぶ下町の一角。そこに5人家族の柴田一家が住んでいる。 父の治は日雇い労働者で、母の信代はク...
パプリカ

アニメ映画 「パプリカ」 監督:今敏 星1つ

1. パプリカ 2006年公開のアニメ映画で、監督は「PERFECT BLUE」や「千年女優」、「東京ゴッドファーザーズ」を手がけた今敏さん。 筒井康隆さんの同名小説が原作で平沢進さんが主題歌を手がけるなど、この手の作品が好きな人には好まれる面子が揃っているといえるでしょう。 「千年女優」は当ブログでもレビュー済みです。 そんな濃密な面子によって製作された本作ですが、過度にマニア向けだったというのが妥当な評価でだと思います。 映像表現の技術的な面には見るべきものがあるのかもしれませんが、普通の人が普通に見てエンタメとして楽しめるような映像表現にはなっておりません。 さらに、物語という点に目を向けると全体的に稚拙な部分が多く、まるで自意識過剰な学生が急ピッチで撮影しましたとでもいうようなちぐはぐ感が目立っておりました。 2. あらすじ 主人公、千葉敦子(ちば あつこ)はサイコセラピストとして働いている。 「DCミニ」という装置を使って患者の夢の中に入り、精神治療を行うことが彼女の仕事だ。 そんなある日、「D...
☆☆(映像作品)

アニメ映画 「劇場版 SHIROBAKO」 監督:水島努 星2つ

1. 劇場版 SHIROBAKO 2014年から2015年まで放映されたTVアニメ「SHIROBAKO」の続編として制作された映画で、2020年2月の公開です。監督はTVシリーズに引き続き水島努。「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード」や「ガールズ&パンツァー」の監督として有名です。 TVシリーズの方は本ブログでも記事を4つ書いてしまうほど珠玉の出来で、近年のテレビアニメ全体の中でも屈指の名作となっております。TVシリーズの感想は以下の通り。 また、主人公たちの高校時代を描いたスピンオフ漫画も発売されており、こちらも中々の出来栄えでした。 これほど質の高い作品の続編映画というだけあって、相当程度の期待をもって劇場に足を運んだのですが、結論としては凡庸な作品に落ち着いていたといわざるを得ません。 アニメ業界の大変さやそれでもアニメを作っていこうとする熱い気持ちを伝えようとしているのは分かるのですが、それを(TVシリーズのように)アニメ業界以外に従事する人々に対して訴求できては...
ティファニーで朝食を

映画 「ティファニーで朝食を」 監督:ブレイク・エドワーズ 星2つ

1. ティファニーで朝食を オードリー・ヘップバーン主演の有名な古典映画で、1961年に公開されています。監督のブレイク・エドワーズは映画「ピンク・パンサー」シリーズを手がけた人物。原作小説の著者であるトルーマン・カポーティは村上春樹が影響を受けた作家として知られています。 内容は王道のロマンティックラブストーリーですが、個人的にはそのカテゴリにおける凡作以上の作品にはなっていないと感じました。 1961年という時代を考えれば、 田舎出身の美人娼婦と無名作家の都会的で悪戯な恋愛模様という物語はもしかすると当時画期的で、「都会のはぐれもの同士の恋愛」という枠組みをつくったのかもしれません。しかし、さすがに展開が一本調子すぎて退屈な部分がありますし、かっこよさの演出もベタすぎて(もちろん、この古典こそがベタさ(=現在のスタンダード)の先駆者だったのかもしれませんが)今日の視聴においてとりわけ良いと感じることはできないでしょう。 2. あらすじ ホリー・ゴライトリーはニューヨークのアパートに住み、娼婦として生計を立てていた。しかし、いくら稼いでも浪費ばかりで...
RWBY

アニメ 「RWBY volume4」 監督:ケリー・ショウクロス 星3つ

1. RWBY volume4 本ブログで継続的に取り上げている、アメリカ発の3DCGアニメーションシリーズ「RWBY」。ストーリーやキャラクター、そしてバトルアクションなど、あらゆる側面が日米折衷となっているのが特徴です。 volume3では主人公たちが通っていたハンター養成校ビーコン・アカデミーが敵の襲撃を受けて崩壊するという衝撃的な結末で学園編が終わりました。volume4からは学園の中での切磋琢磨からはうって変わり、文字通り世界を救うため旅をするという新編。期待と不安を抱きながらの視聴でしたが、それなりに面白かったので安心しました。 2. あらすじ グリムとホワイト・ファングの襲撃によりビーコン・アカデミーは陥落。チームRWBYの4人も学業を続けることができなくなり、ビーコン襲撃によって受けた身体的・精神的な衝撃を抱えながらそれぞれの道を歩むことになる。 敵が次に狙っているのはヘイヴン・アカデミーだと聞きつけ、ルビーは亡くなったピュラを除くチームJNPRの3人とともにヘイヴンの所在地である東のミストラル王国を目指す。 父親の...
☆☆☆☆(映像作品)

映画 「戦場のメリークリスマス」 監督:大島渚 星4つ

1. 戦場のメリークリスマス 第2次世界大戦下の日本軍俘虜収容所を舞台に、日本軍の士官・下士官と俘虜となっている英軍士官との奇妙な友情を描いた作品。1983年公開で、カンヌ国際映画祭のパルム・ドール最有力という下馬評ながら受賞を逃してしまったエピソードでも有名です。それでも、英国アカデミー賞の作曲賞を受賞したほか、毎日映画コンクールや日本アカデミー賞といった国内の賞では複数のカテゴリで賞を獲得しており、いまなお日本映画の名作として記憶されている作品の一つです。 舞台の特殊性から日英豪NZ合作となっていることもさることながら、本作の特徴といえばまずもってその特殊なキャスティングにあるでしょう。主演格の4人のうち3人は本職の役者ではなく、セリアズ少佐が当時ミュージシャンとして有名だったデヴィッド・ボウイ、ヨノイ大尉が当時イエローマジックオーケストラというバンドのメンバーとして活躍していた坂本龍一、ハラ軍曹が当時ツービートという漫才コンビの片割れとして活躍していたビートたけしと、極めて異色の配役になっております。他にも、ロックシンガーとして有名な内田裕也、フォークシンガーとして...
☆☆☆(漫画)

漫画&アニメ映画 「この世界の片隅に」 著者:こうの史代 監督:片渕須直 星3つ

1. この世界の片隅に 2019年1月現在において「この世界の片隅に」といえばアニメ映画を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。事務所との係争により「のん」への改名を余儀なくされ、仕事が激減していた能年玲奈さんを主演声優に迎えてたった63館での公演と、マイナー映画的な興行から始まったにも関わらず口コミによって人気が広まった本作。最終的には30億円近い興行収入を獲得し、世界60ヶ国以上で公開されるようになるなどまさに日本映画界のシンデレラといってもよい作品でしょう。2019年12月20日には新カットを加えた「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」として改めて公開される予定で、その勢いは留まるところを知りません。 本作が公開された2016年は本作のほかにも「君の名は。」「聲の形」といったアニメ映画界の転換点となる作品が公開された年であり、いまや日本の映画シーンを牽引している「子供向けでもオタク向けでもないアニメ映画」というジャンルの礎を築いた作品でもあります。「君の名は。」「聲の形」は本ブログでも既にレビュー済み。これでようやく三作品コンプリートとなりました。 ...
茄子 スーツケースの渡り鳥

アニメ映画 「茄子 スーツケースの渡り鳥」 監督:高坂希太郎 星2つ

1. 茄子 スーツケースの渡り鳥 自転車競技を題材とした2007年公開のアニメーション映画で、以前に本ブログでも紹介した「茄子 アンダルシアの夏」の続編となっております。監督は前作と同じく高坂希太郎さん。スタジオジブリのスタッフとして数々の有名作品に参加されております。「茄子 アンダルシアの夏」の感想はこちら。 舞台をスペインのアンダルシアから日本へと変えた本作ですが、様々な意味で前作よりしぼんでしまった印象です。手軽に見られる娯楽作品ではありますが、インスタントな楽しみの後に残る感慨は少なく、あまりにも「重み」に欠けていると感じました。 2. あらすじ グランツール(三大大会)の一つであるブエルタ・ア・エスパーニャを制したペペ・ベネンヘリはチーム「パオパオビール」の一員として戦歴を重ね、ブエルタ・ア・エスパーニャ以降優勝こそないものの各大会で上位に入ることで順調にポイントを獲得していた。 そんなペペたち「パオパオビール」が次なる参加大会として選んだのが、栃木県で開催されるジャパンカップ。スーツケースを手に飛行機で日本へと渡った一行だ...
RWBY

アニメ 「RWBY volume3」 監督:ケリー・ショウクロス 星4つ

1. RWBY volume3 アメリカのアニメーション制作会社"Rooster Teeth"による日米混合テイストのバトルアクションファンタジーアニメ。その第3弾です。原案者でありvolume2までの監督であったモンティ・オウム氏が急逝したため、volume3からは脚本担当だったケリー・ショウクロス氏が監督となっております。volume2までの感想はこちら。 volume2までのアクションについてはモンティ・オウム氏の表現技法が駆使されていたらしく、やや劣化という印象は否めませんが、その分、脚本は面白く、少年少女が暗躍する悪に立ち向かっていくという王道ストーリーの中での友情や恋愛、ハラハラドキドキさせる起伏のある展開と、やはりこんなアニメこそ19時台に放映されていて欲しいと思わせるような内容でした。 2. あらすじ 街を襲撃したグリムの群れを撃退し、戦闘の余韻に浸るルビーたち。しかし、学園生活では重要なイベントが差し迫っていて、学園を中心とする街にはあらためて緊張と興奮の気配が漂っていた。 そのイベントの名前は 「バイ...
スポンサーリンク