☆☆☆☆(新書・教養書)

経済・金融・経営・会計

新書 「現代経済学」 瀧澤弘和 星4つ

1. 現代経済学 古くは傾斜生産方式や所得倍増計画、最近ではアベノミクスなど、どの政権でも経済政策は中心的な分野として扱われ、人々の生活に大きな影響を与えてきました。海外でも、例えば最近の米国における大幅減税と財政出動はトランプ大統領の目...
政治制度・統治機構

【雑感まとめ】教養書 「福祉資本主義の三つの世界」 エスピン=アンデルセン 星4つ

1. 福祉資本主義の三つの世界 以前に紹介した教養書、エスピン・アンデルセンの「福祉資本主義の三つの世界」ですが、読みながらぼんやりと思ったことを備忘のために記事にしておこと思います。 福祉資本主義の三つの世...
政治制度・統治機構

教養書 「福祉資本主義の三つの世界」 エスピン=アンデルセン 星4つ

1. 福祉資本主義の三つの世界 アメリカやイギリスなどのアングロサクソン諸国、ドイツやフランスなどの大陸欧州、スウェーデンやフィンランドなどの北欧諸国。同じ先進国と呼ばれていても、これらの国がそれぞれ大きく異なる政策パッケージを実施している...
☆☆☆☆(新書・教養書)

教養書 「新築がお好きですか? 日本における住宅と政治」 砂原庸介 星4つ

1. 新築がお好きですか? 日本における住宅と政治 近年、空き家や災害復興を中心に、住宅問題はとみにクローズアップされています。過疎化と少子高齢化が直撃している地方では社会問題化するほど空き家が増えておりますし、(特に東日本大震災の)災害復...
☆☆☆☆(新書・教養書)

教養書 「教育行政と学校経営」 小川正人・勝野正章 星4つ

1. 教育行政と学校経営 放送大学の教科書ですが、一般的な解説書としても名著です。 戦後日本の教育に関わる問題につき、簡潔で要点を落とさず記されており、教育政策入門のために網羅的知識を身に着けるにはうってつけでしょう。 ...
政治制度・統治機構

教養書 「分裂と統合の日本政治」 砂原庸介 星4つ

1. 分裂と統合の日本政治 小選挙区比例代表並立制の導入を含め、90年代に行われた統治機構改革以降、一時は民主党が政権を獲得することもありましたが、自民党以外は離合集散を繰り返しているのが実態です。 また、この間には、減税日本や大阪...
政治制度・統治機構

教養書 「日本の中央―地方関係」 市川喜崇 星4つ

1. 日本の中央―地方関係 地方分権が叫ばれて久しい今日ですが、政治学では昔から「集権」「分権」は大きなテーマでした。そして、2012年に刊行された本書は、著者も認めるところの、これまでの通説に正面から斬ってかかった著作となっております。...
☆☆☆☆(新書・教養書)

新書 「住宅政策のどこが問題か」 平山洋介 星4つ

1. 住宅政策のどこが問題か 住宅政策というあまり注目されない分野に光を当てた新書。 単に住宅政策という個別の政策分野だけでなく、それを通じて戦後日本政府の経済政策の特徴や、これから日本が進むべき道も見えてくる名著です。 ...
☆☆☆☆(新書・教養書)

教養書 「孤独なボウリング」 ロバート・パットナム 星4つ

1. 孤独なボウリング 「社会関係資本」という概念に光をあて、様々な分野に影響を与えた本です。著者のパットナム教授はこの本で一躍スター研究者となりました。 ご近所づきあいや会合などの社会的紐帯の減少という、誰もが個人としては...
政治制度・統治機構

教養書 「現代日本の官僚制」 曽我謙悟 星4つ

1. 現代日本の官僚制 日本を代表する行政学者の一人、曽我京大教授の著書です。 統計学的手法を駆使し、政治制度が官僚制に与える影響を分析するというあまりこれまでには見られなかった試みがなされております。 モデルやデータの取り方、相関...
スポンサーリンク