小説 「博士の愛した数式」 小川洋子 星3つ

博士の愛した数式
スポンサーリンク

1. 博士の愛した数式

第1回本屋大賞を受賞したミリオンセラーです。

数々の文学賞を受賞されている小川洋子さんの作品の中でも、間違いなく最も知名度が高い作品でしょう。温かさ、柔らかさの中に、人間の哀しみをほんの一滴だけ混ぜたような、決して明るい設定ではないながらも読者を素直にさせてくれるような、そんな佳作に仕上がっています。

2. あらすじ

あけぼの家政婦紹介組合で働く「私」はいつものように紹介を受け、ある家庭に派遣されることになる。

義弟の世話をして欲しい、依頼主の老婦人はそう言って離れに住む老人のところで働くよう「私」に要請する。

その老人こそ、数学の天才である「博士」であった。「博士」のところへ派遣されるのは「私」で九人目。多くの家政婦がもたなかったのには訳がある。

それは、「博士」の記憶が80分しか維持されないからである。

記憶は80分しか維持されず、常に数学に熱をあげている。そんな変わり者の「博士」に最初は戸惑う「私」だったが、やがて「私」の息子である「ルート」と「博士」との交流をきっかけに、「私」は博士の優しさと数学の魅力に気づいていく。

ささやかだがかけがえのない幸福に満ちた日常。しかし、博士の記憶の長さはだんだんと短くなっていて……。

3. 感想

純文学出身の作家さんというだけあって、感動の深い、大人の小説だといえるでしょう。

「博士」も「私」も、そして物語の鍵となる老婦人も、決して恵まれた境遇ではありません。将来を嘱望された天才である「博士」は交通事故により記憶力を失ってしまい、絶望の中で数学の懸賞問題を解き続けるだけの生活。

かたや「私」も望まぬ妊娠から母子家庭となり、家政婦として働くことで生計を立てています。

そんな「博士」と「私」。そして「博士」から「ルート」と名付けられた「私」の息子の関係が、丹念で柔らかい筆致で描かれ、読者は物語の世界に引き込まれます。

80分しか記憶がもたないため、「私」や「ルート」とはいつも初対面になってしまう「博士」そんな「博士」はいつも最初に靴のサイズや誕生日を訊き、そこから数学的感動を引き出します。

記憶の障害がなくとも決して社交的とはいえない「博士」の不器用だが素朴な生き方。「博士」との応対に気を遣いながら、少しずつ距離を詰めていく主人公母子。

器用ではない生き方の中にある、大人になれなかった人々の悲哀。綺麗な「大人のやり方」に秘められた他者への優しさという情熱。

その二つが巧みに交じりあうさまが何ともいえない波になってページをめくらせていきます。そして、最後に明かされる老婦人と「博士」の関係も、苦く甘く読者の心に残ります。

事故のまえ、そして事故のあと、二人がどんな気持ちで心を通わせ、生活してきたのか。人生はうまくいかないこと、納得できないことばかりですが、それでも想いを絶やさないことの尊さが、誇張しすぎでもなく皮肉に陥るでもなく、さりげなく描かれているのが印象的でした。

あえて欠点を挙げるならば、一介の家政婦がここまで数学に興味を持つことは不自然であること。子供にしてはすこし「できすぎ」な「ルート」の存在。そして、最後に時間軸が飛びすぎることでしょうか。

設定のわりに決して嘘っぽさが少ない小説なのですが、もう少し現実感のある流れでもよかったのではと思います。

それでも、心が温かくなり、生きる勇気をもらえる作品です。もう学生ではないすべての人におススメです。

コメント