【映画/アニメ】高評価映像作品一覧【オールタイムベスト】

高評価映画/アニメ一覧

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

記事数が多くなってまいりましたので、そろそろお薦め作品を纏めた記事があってもよいだろうと思い、本記事を作成することにいたしました。

全体的に辛い評価が多いと思われる当ブログですが、本記事で紹介するのは珠玉の名作ばかり。

是非、紹介記事をご覧いただき、鑑賞して頂ければと願っております。 

(並び順はタイトル名五十音順です)

スポンサーリンク

「アナと雪の女王」 監督:クリス・バック 評価:4点 

【愛の形を問う、ディズニーの「新しい」名作】

「アルモニ」 監督:吉浦康裕 評価:4点

【心揺さぶる短編学園アニメーションの名作】

「いまを生きる」 監督:ピーター・ウィアー 評価:4点

【型破りな教師の授業から学ぶ本当の「生き方」】

「イヴの時間」 監督:吉浦康裕 評価:3点

【人間とアンドロイドを「区別しない」カフェ】

「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」 監督:押井守 評価:3点

【アニメ映画史に残る時間系SFの古典的怪作】

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」庵野秀明 評価:3点

【未熟な少年よ、大人になれ、オトコになれ】

【大人になれ、オトコになれ】映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」庵野秀明 評価:3点【アニメ映画】
1990年代に放映されたアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の劇場版であり、原作を再構築(リビルド)した作品として製作されております。90年代の作品ではあるものの、凄まじい人気はいまでも健在。現実世界でも様々なコラボが行われているため、アニメ好きという方でなくとも名前くらいは知っているのではないでしょうか。そんな名作のリメイクである映画シリーズは4部作となっており、これまで3作品が公開されております。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」舞楽における幕構成の概念「序破急」からタイトルが取られており、公開年はそれぞれ、2007年、2009年、2012年と、長い時間をかけて製作されているシリーズになっております。ファンの方々の忍耐強さと、人気の根強さが伺えますね。そんな三作品を視聴してみたのですが、特に「序」と「破」は良作だと感じました。頼りなくて幼稚な自己認識・世間理解しか持っていなかった少年が大人の「オトコ」になっていく。その過程を生々しく迫力満点に描写してい...

「おジャ魔女どれみ」 原作:東堂いづみ 評価:3点

【一世を風靡した「ニチアサ」魔法少女アニメ】

コメント