【家計簿&資産状況】2020年12月 娯楽費の使い過ぎを反省

家計簿

・目次

  1. はじめに
  2. 家計簿
  3. 投資資産
  4. セミリタイアに向けて

1. はじめに

私はいまのところセミリタイアを目指しておりますので、普段の生活でも節制を心がけて資産形成に励んでおります。

自分自身への戒めと目標到達への励みとするべく、ブログで家計簿と資産形成状況を公開していきたいと思います。

2. 家計簿

①単月

※雑費は日用品・医療費・散髪代・保険料の合計
※サラリーマン経費は社内交際費や出張経費、クリーニング代など

定期券を購入する月だったので、通勤交通費を計上しています。

娯楽費39,129円は使い過ぎですね。反省です。

一方、食費が2万円を切っているのは嬉しいです。

②12ヶ月移動平均

季節要因も考慮するために12ヶ月移動平均も掲載します。

主な季節要因は家賃の更新料や、通勤交通費の定期代支払い、NHK受信料の一括前払いです。

合計金額は先月対比+2,033円の悪化。

今月の娯楽費の出費が大きかったためです。

③セミリタイアシミュレーション

セミリタイアに向け、家賃と通勤交通費、サラリーマン経費を調整した簡易セミリタイアシミュレーションも掲載いたします。

家賃は2万5千円で固定。通勤交通費とサラリーマン経費が0円。
それ以外は「12ヶ月移動平均」と同じです。

6万円/月の目標まではあと1万3千円の削減が必要です。

3. 投資資産

配当利回りについては、米国株はhttps://www.morningstar.com/の数値から、東証上場ETFについては運用会社のホームページから数値を取っております。

為替は1ドル103.14円で計算しています。

目標年間配当72万円に対し、予想年間配当は27万0,945円となり、達成率は37.6%。

なお、過去12ヶ月の配当金合計は17万145円であり、こちらで計算すると達成率は23.6%。

また、12月の配当金受取り額は36,105円でした。

投資資産額は前月比+29万5635円。

変異種が見つかるなど、新型コロナウイルスの猛威は止まりませんが、世界の株式市場は過熱しているようです。

4. セミリタイアに向けて

セイミタイアシミュレーションから計算される年間支出額は73,223*12=87万8,676円。

株式資産からもたらされる予想年間配当金は27万0,945円。

差額は60万7,731円で、時給900円換算で年間675時間、1ヶ月あたり56時間の賃金労働が必要です。

まだまだ道のりは険しいですが、頑張っていこうと思います。

ブログランキング参加中! クリックをお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

コメント