1960~70年代にかけて一世を風靡した立原正秋さんの作品です。1966年に直木賞を獲っておりますが、それまでに芥川賞の候補になるなど、純文学も大衆文学もこなす万能の作家でした。本作は根津甚八さんと大竹しのぶさんの主演でテレビドラマにもなっています。

感想としては、現代の感覚からすれば「ありえない」作品です。それをもってこき下ろす人がいてもおかしくありません。一般的に考えれば、純粋な娯楽作品としてこの21世紀に読んで楽しい作品ではないでしょう。ただ、この作品・作家が「人気だった」ということを踏まえて読めば良い洞察を得られるのではないかと思います。

続きを読む