放送大学の教科書第2弾。東大教授である松原隆一郎氏の単著です。

数式から逃げてしまったがために経済学の教科書としては理論的精緻さに欠け、内容としても著者の(半ば独りよがりな)思想が強く滲み出すぎている印象でした。

続きを読む