映画「ブレードランナー」の原作であり、名作SF古典の一つに数えられる作品。もっとも、有名なのはそのタイトルの語感であり、多くのパロディ元になっています。

設定そのものは面白いのですが、特にどんでん返しや繊細な感情描写があるわけではなく、「まぁ、こうなるだろうな」という展開が続く印象。ベタだと感じてしまうのは、本当に面白くないからか、古典の中の古典だからか迷ってしまいます。

続きを読む