1931年に発表された映画で、映画好きの間では定番の作品だそうです。チャップリンの代表作の一つということで見てみました。筋書きは面白いのですが、やはりところどころ表現が冗長だと感じてしまいました。

続きを読む