「戦争と平和」「アンナ・カレーリナ」等の作品で有名なロシアの文豪トルストイの寓話。

富を求めることや暴力に疑義を呈し、素朴な信仰に基づく生活がよいという直截なメッセージはわからなくもないですが、なにぶん、単純な勧善懲悪すぎて「もうちょっと工夫してくれよ」と思ってしまう作品でした。

続きを読む