古典の中では大御所たちと比較してあまり読まれていない感じもある菊池寛ですが、
小気味よい文章にハラハラさせる構成と、なかなか面白い作品でした。 

続きを読む