斬新な文体で小説界に衝撃を与え、SFやコバルト系の作品で有名な新井素子さんの(隠れた?)佳作です。ライトノベルの草分け的存在と言われますが、むしろテンプレートが重要視されつつある近年のラノベとは明らかに一線を画す、いつ読んでも新鮮さが失われない作品です。 

続きを読む