直木賞をはじめ華々しい受賞歴を誇る人気作家、江國香織さんの短編集です。

少し陰惨で生々しい少女時代の記憶・感覚。それが本書に通底するテーマであり、江國さんの瑞々しい筆致からはまるでその日々の手触りや匂いまでもが伝わってくるようです。

続きを読む