新潮社の新レーベル「新潮文庫nex」の看板作品で、「階段島シリーズ」の第一巻という位置づけの本作。また、いわゆる「ライト文芸」的なレーベルだけあって、ライトノベル出身の著者が書いています。

評判も芳しく、売り上げ好調のようですが、私には受け入れかねる内容でした。

続きを読む