詩情豊かな作風で日本文学史に名を残す梶井基次郎の短編集です。

梶井の代表作であり、表題作ともなっている「檸檬」。人気のライトミステリシリーズのパロディ元にもなるなど引用されることが多い「桜の樹の下には」。教科書にも採用され、目にしたことのある人も多いであろう「Kの昇天」。

独特な感覚による日常の観察と、清新さと陰翳を併せ持つ文体に酔わされます。

続きを読む