アメリカのSF作家、ダニエル・キイスの作品で、1959年に中編として、そして1966年には長編に書き直されて発表されています。ネビュラ賞とヒューゴー賞という権威ある賞を受賞しており、日本でも2015年に新版が出るなど、定評ある古典として読まれ続けています。

感想としては、「手堅い名作」という印象。斬新な設定で唯一無二の地位を確立しており、特殊な題材ながら人を選ばない筆致には素晴らしいものがあります。一方で、これほど突飛な設定ながらあと一押しとなるようなどんでん返しなどがないところはやや肩透かしでありました。



〇あらすじ

チャーリィ・ゴードンは知的障がい者で、ビークマン大学知的障がい者成人センターに通いながらパン屋で下働きをしている。読み書きも碌にできない彼だったが、ある日、ビークマン大学の二―マー教授とストラウス博士からある実験への協力を求められる。それは、チャーリィの知能を劇的に高める手術のドナーになって欲しいというものだった。

賢くなりたい、賢くなればもっとみんなの期待に応え、仲良くなれるはずだと考えていたチャーリィ。もちろん、彼はこの依頼を快諾する。手術を受けた彼はゆっくりとしか進まない知能の進歩に苛立ちながらも、同じ手術の動物実験を受けていたネズミのアルジャーノンと知能テストを競うことで、自分が賢くなっていることを感じ始めていく。

そして、チャーリィの知能が閾値を超え始めると、彼の意識は一変する。周囲の人々の言うことが理解できるという程度ではない。素晴らしい、天才的な知能を彼は持ち始めるようになったのだ。

しかし、だからこそ、彼に苦難が訪れる。あまりの知能の違いから人間関係に破綻が生じ始め、社会の欺瞞に気づくたびに葛藤する。高すぎる知能と、それに付随して生まれてきた高すぎる自尊心。そして、ニーマー教授が実験の「成功」を発表する学会に彼を同行させたとき、「実験台」として紹介された彼の怒りは頂点に達してしまい......。


〇感想

知的障がい者が特別な手術を受けて並以上の知能を得る。それは彼も望んでいたものだったが、事態は彼の思うようには運ばない。知能を得たことで友情や恋愛の機微に葛藤し、自分を取り巻いている社会の欺瞞が見えてしまう。そして彼自身も、知能を得たことで彼らしい良さを知らず知らずのうちに失っていってしまう。

こんな物語があると聞かされて、わくわくしない物語好きはいないでしょう。「知的障がい者を主人公に、彼が一時的に知能を得ることで起こる波乱」という斬新で惹きつける設定は見事としか言いようがありませんし、たとえ思いついたとしても、まともに読めて辻褄の合う物語を形成するのも困難です。この小説は主人公であるチャーリィ・ゴードンの知能の変化が分かるように地の文が工夫することで(段々と漢字が多くなる、句読点を使うようになる、表現が巧みになる、など)その困難を乗り越えており、それでいて小説としての読みやすさを損ねていません。読後に振り返ってみれば、確かに、本当に知的障がい者の思考はこんな感じなのだろうか、科学的に確かめたのだろうかという疑念が頭をよぎります。それでも、読んでいるあいだは「きっとこうなのだろう」と納得させられ、すらすらと読み進めてしまう。ダニエル・キイスの手腕と小尾さんの名訳が光ります。

個々の描写も巧みで、名場面が多くさすがに紹介しきれないのですが、一番好きな場面は、かつてのチャーリィには「天才」に思えたニーマー教授とストラウス博士を、本当の「天才」となった彼が「凡人」だと断ずる場面。そこで、二人の助手代わりの大学院生であるバードが「寛容とかいうものが未発達なんだよ」とチャーリィを諭し、「あの二人がいつ、自分たちが完璧な超人だと言ったかい? 彼らは凡人、きみは天才だ」と続けます。ここでバードが黙りこむのですが、チャーリィは「続けてくれ」と先を促します。「天才」になって以降のチャーリィが他者の理論に屈したり、あるいは他者の話をもっと聞きたいというそぶりを見せるのがこのシーンだけであることからも、ここでバードの言っていることがどれほどチャーリィの胸を衝いたかということが分かるというものです。自分から(あるいはメディアが)「天才だ」などと言わなければ、私たちは相手を凡人として扱うことが普通なのであり、それは、お互いの欠点を認めて補い合い、支え合ったり、時には見て見ぬふりで自尊心を持たせ合ったりということを意味しています。それを理解する青春の過程がチャーリーに欠けている一番のものであり、これがないからこそ、彼は友人や新しくできた恋人との軋轢を生んでしまうのです。

その証拠に、知能が向上した後のチャーリィの思考は賢いのですが、どこまでも自分本位で、私はこう思う、私はこうしたい、私がこう感じるのはなぜだろうか、というものばかりです。他人にもそれぞれの葛藤があり、疲労や無力感、あるいは大きな自信喪失で自暴自棄になってしまうことがある。そこにチャーリィの思考は及びません。自分の悩みや二面性は理解して欲しいというくせに、他人には一貫性を求める。そのあたりの幼稚さが上手く描けています。この幼稚さは物語中でたびたび指摘されるのですが、チャーリィは知性の殻でそれを包むことで誤魔化します。かつてのチャーリィも他者の感情を理解していたとは言い難いのですが、それでも、いつも他者に寄り添おうとしていた、だからこそ、パン屋でも働けていたし、このような実験の対象にも選ばれた。その対照がチャーリィ自身には感じ取ることができず、周囲ばかりがその差に当惑する様はこの物語独自の良い描写で、傑出しています。知性と他者への感情的理解がトレードオフであることが示唆される箇所はやや引っかかりましたが、それでも、他者への感情的理解を磨くことが人間が成長過程で得るべき最も重要な要素である、ということがよく表現されています。

しかしながら、「知的障がいを抱えているものの心優しい青年が手術によって高い知能を手に入れる」という設定から必然的に立ち現れるストーリー以上のひねりや起伏があったかといえば、初期配置に「知能を向上させる手術」という波紋を起こしたところからの予測可能な連鎖反応のみで終わってしまった印象もあるのは事実です。淡々とした筆致で無理なく収まっているのですが、「とんでもなく突飛でわくわくする風呂敷を感動裡に収めてしまう」度合いという点においては他の古典や名作と呼ばれる作品に比べると弱いかなと感じました。詰将棋をしていくような物語進行で、「そこがそこに繋がるのか」「それにはそういう意味があったのか」という箇所がほとんどないんですよね。最後の一文くらいだと思います。

また、女性関係はややご都合主義だと感じました。知能を得たチャーリィは知的障がい者成人センターでチャーリィを教えていたキニアン先生と恋仲になるのですが、手近にいた知性のある美人がチャーリィに惚れてくれるというのはちょっと都合が良すぎるでしょう。「知的障がいがあったころのチャーリィの誠実さ」など、理由は散りばめられているのですが、やや説得力に欠けて苦しいです。また、中盤からチャーリィが住むアパートで出会うフェイという女性とチャーリィは身体の関係を結ぶのですが、このフェイという人物も男性にとってあまりにも都合の良いキャラクターに思われます。

さらに加えるならば、「チャーリィが『人並外れた』天才になっていく」というところまで必要だったのかと尋ねられればそれも微妙だと思います。チャーリィが天才過ぎることで、チャーリィの葛藤が他者に理解されない天才としての葛藤になっており、一般人たる読者からすると感情移入の対象というよりは客観視する対象になってしまっているからです。知的障がい者が「一般程度の知能を得る」でも十分に物語は成立したでしょうし、「急に一般人の知能で一般人の生活をすることになった元知的障がい者の葛藤」を存分に描く方が、ただ漫然と「一般人の生活」を送る私たちの感覚に意外な角度から光をあてられたに違いありません。天才の葛藤は、それが観察対象として興味深いものであろうと、究極的には私たちと「関係ない」ことなのですから。

ただ、これらの要素を考慮しても本書の基礎的な面白さは揺るぎません。凡作を上回ることは確実であるものの、そこからの加点はない作品として、星3つが妥当でしょう。