ドイツの児童文学者ミヒャエル・エンデの作品。「モモ」と共に彼の代表作として扱われることが多い著作です。児童文学といえど単行本で600ページを越える大作で、岩波少年文庫版では対象が「中学以上」となっている読み応えのある大作。「ネバーエンディング・ストーリー」という題で映画化もされています。

感想としては、読み手を選ぶ作品だなという印象を受けました。幻想的なファンタジー世界の造形は見事ですし、恵まれない環境で育った少年が力を手に入れて慢心し、やがてその慢心から身を滅ぼしかけるもののそれを克服して最後は真理に到達する、という物語も王道なりに楽しめます。ただ、こうした「ヨーロッパ的ファンタジー世界」を受け入れる心持ちが最初からある人以外には展開が唐突で突拍子もなく思えるでしょうし、主人公も万民に受け入れられる人物かといえばそうではないと感じました。



〇感想

バスチアン・バルタザール・ブックスは読書好きの小学生。しかし、勉強も運動もからきしダメなうえデブでX脚なのでクラスメイトにいじめられている。母親は既に亡くなり、そのことがきっかけで父親とのあいだにも溝が出来ていた。

そんなバスチアンが手に入れたのが「はてしない物語」という本。「虚無」に飲み込まれ滅亡の危機に瀕するファンタージエン国をアトレーユという勇敢な少年が救う物語なのだが、読み進めるうちにバスチアンは徐々に違和感を覚えていく。バスチアンの声が物語に影響を与えているように感じられたのだ。そして物語の終盤、その感覚は確信に変わる。ファンタージエンの世界から呼ばれたバスチアン。本の中に入ったバスチアンの、もう一つの冒険が始まる.......。


〇感想

ちょっとファンタジーが「濃すぎる」印象ですね。読んでいけば慣れていくのですが、序盤はあまりに唐突なファンタジー世界の説明に面食らいました。架空の世界の自然や生物のだらだらとした外形説明が連発され、想像力をついていかせるのがやっとです。また、「ファンタージエン国はこういう国なので、こういう現象が起こるんだ」のようないかにも説明文的説明文が多く、説明書を読んでいるかのような印象。翻訳が原因かも分かりませんが、説明も物語の一部である限りは、説明文でありながら読者の興奮をかきたてるような工夫が欲しいところです。本作の書き方では「そうなっているからそう」とまるで学校の規則を説明されているときのような、ルールが押し付けられている感があり、児童書ということも考慮に入れると相当に難ずべき点であるでしょう。

また、主人公が典型的ないじめられっこという設定もそれほど意味を持っているとは感じられませんでした。本作の中盤以降でバスチアンが戦うのは「慢心」や「奢り」といった人間なら誰でも持っている普遍的な感情であり、特に「いじめられっ子である」という点が重要ではなかったように感じられます。もちろん、敬意を集めることや良い風貌を手に入れることに執着してしまうのはそもそも現実でバスチアンがいじめられていて見た目も醜悪ということがきっかけにはなっているのですが、極端ないじめられっこで極端に見た目が悪いから~という感情を抱く、という展開では一般的な読者の心理には訴求しないでしょう。自己顕示欲や美貌への執着は一般的な人も持っている感情であり、もっと普遍的な心理として描いた方が多くの読者を獲得できるのではと思います。ただ、こういった小説がそういった少年少女のためにある(対象にしている)というのは読書界隈の事情として否めません。しかし、個人的にはもっと一般的な心理に訴求しなければ真理を突く文学としても娯楽を提供するエンターテイメントとしても、読書が周縁的になり過ぎてしまうと思うのです。出版業界の凋落も聞こえて久しいところですが、あまりに周縁的ではもはやビジネスとして成り立っていかないでしょう。1979年刊行の海外児童文学に言うことではないかもしれませんが、その頃から真理追及や娯楽の「王道になる」という意識が欠けていたツケが回ってきているのではないでしょうか。

加えて、こういった類のファンタジーの「お約束」なのかもしれませんが、登場人物たちのわざとらしい話ぶりもやや気持ち悪いです。自分で自分に問いかけて自分の感情を説明する(心の中の台詞ではなく、実際に口に出す台詞で)という描写はあまりに不自然ですし、抽象的で意味深長な問答もところどころ無意味なものもあって物語を冗長にしています。

冗長や不自然がらみでは、世界観設定や超えるべき試練の設定説明に十数ページかけて、試練の突破には数ページしか要さない場面(アトレーユが3つの門を突破するシーン)の冗長さが結構堪えましたし、アトレーユが戦友である名馬アルタクスを見捨てる場面の不自然さも特筆でしたね。親友が沼に沈みかけている場面で、万能のお守り「アウリン」を自分から外してアルタクスの首にかけてやることができないというのはアトレーユの人物造形からするとかなり不自然です。他にも、星僧院で学校に行っていた記憶を失うのもそれまでの展開からの必然性が感じられませんし、そこにサイールとアトレーユを連れて行った理由も最後まで不明でした。また、「生命の水」の直前でアトレーユとフッフールが現れるのも無理があり、しかも、最後までバスチアンは主体的に行動せずアトレーユの手引きで元の世界に帰るというのも成長物語の終幕としてやってはいけないことでしょう。

ただそれ以上に違和感があったのは、物語全体において設定やキャラクターが何の事前説明や伏線もなしに唐突に出現することです。もちろん、未知のファンタジー世界を旅するわけですから偶然の出会いなどもあってしかるべきですが、それでも、その時その時で展開にとって都合の良い新キャラクターを登場させるのでは物語構成の技術があまりにも粗末です。際限なく登場人物や登場する街を増やしていけば、なかなか一人ひとりへの感情移入も生まれないですし、同じ人物や街が違った印象を与えたりする感動がないですよね。驚きのある伏線回収などがなかなかないのもそのせいでしょう。

とはいえ、後半(特に下巻の最後半分)の疾走感はなかなかのものですし、欲望にまみれた望みを叶えるたびに大切な記憶を失っていく、という設定はむしろ大人に対して訴求力もあり面白いと感じました。先の展開が気になる場面もところどころあり、星1つはつけられないな、という力はあります。

いじめられっこ主人公、やりすぎなほどのファンタジー設定、これらが好きと言う方ならば「ハマる」可能性も十分にあります。万民に勧められるわけではありませんが、昔ながらの、読書好きでちょっと内気な(根暗?)な少年少女に送るファンタジー小説というあたりが妥当でしょう。