1953年の公開以来、世界的名作としてその名を轟かせているビッグタイトル。オードリー・ヘプバーンの初主演映画としても有名で、この作品でいきなりアカデミー賞最優秀主演女優賞を獲得しています。その他にも最優秀衣装デザイン賞や最優秀原案賞も獲得するなど、当時においても大きなセンセーションをもたらしました。

「『ローマの休日』的設定」をつくり出した元祖作品ですので、いま観るとストーリー的にはある意味ベタに見えてしまいます。ただ、役者たちの演技は超一流。当時として前例のない斬新な脚本でここまでできるかと思わされてしまいます。現在も色褪せない「王道」を築いた輝かしい古典として、物語に興味のある人ならば必見の一作です。



〇あらすじ

ヨーロッパ某国の王女アンは公務でのヨーロッパ周遊中にローマを訪れていた。分単位のスケジュールと決まりきった形式的対応を迫られる生活に辟易するアン。我慢ならなくなったアンは、ローマ滞在初日の夜、監視の目をくぐり抜けてローマの街へと脱出する。

そんなアンに街中で出会ったのは新聞記者であるジョー・ブラッドレイ。最初はアンをしがない街娘だと思っていたジョーだったが、彼女が脱走王女であることを知るや否や、新聞記者という立場を隠して彼女と一日を共にし、そのいきさつをスクープ記事として高値で売ることを画策する。

狙い通りローマの街をアンに案内することになったジョー。友人であるカメラマン、アーヴィングにその様子をこっそり撮影させるなど、スクープ記事に向けた地歩は着々と固まっているように思われた。

二人が恋に落ちる、その瞬間までは.......。


〇感想

激務に耐えかねた王侯貴族が監視の目を盗んで脱出し、街に出て庶民と出会い自由を謳歌する。しかし、最後には自分の本来の立場へ還ってゆく。その庶民と街で楽しんだ想い出と、そこから得た、決して王侯貴族としての生活では得られない「大切なこと」を胸に秘めて。

そんな王道ストーリーを「最初に」作り出したのがこの作品。多数の作品でオマージュやパロディが為され、現在のストーリーテリングの中で確固たる地位を得ているパターンがここから始まったと思うと、それだけで本作がどれほど偉大な作品かが分かるというものです。

もちろん、いまでは「王侯貴族の不自由さ」というのは一般庶民にも薄々には理解できるものです。日本の天皇家の子供たちを見てもそうですが、幼い頃から公務に駆り出されてはメディアに囲まれ、不用意なことは一切言えずに決められた台詞を押し付けられる。学校も将来の進路も自分ではない誰かが全てを決めており、泥臭い部活動に毎日を延々と捧げ続けるなど絶対にできない。学校での友人関係も「皇族」としての前提あってのもの。そんな青春に、本音では辟易しているはずだとしても納得してしまうでしょう。

しかし、ほんの何十年前まではそうではありませんでした。豊かな家庭、十分な教育環境、安定と権力のある地位、きらびやかな生活。それは王侯貴族やビジネス的成功を収めた最上流の富裕層にしか許されないことであり、庶民の生活は悲惨なもの。ろくに学校に通えないどころか、飢饉や疫病のたびに数%~数十%の人間が平然と死んでいくような日々。上の都合で悲惨な戦争へと駆り出されて命を使い捨てにされていく。まともに栄養と休養を摂っている上流階級とは雲泥の差がある平均寿命。汚く、臭く、みすぼらしい生活に大多数の人が苦しんでいたのです。そういった状況ではもちろん、「ローマの休日」のような設定は出てきません。

だからこそ、この作品がアメリカ発で出てくるというのはハリウッドがアメリカにあるということを差し引いても納得がいきます。世界で唯一、「マス」としての中産階級が生まれ始めていたアメリカ。「普通の幸せ」、「普通=幸せ」という図式がほのかに人々の間にも漂い始めていた時代。若者は学校生活やモラトリアム的日々を通じ、現代的「青春」を謳歌するようになっている(人類の歴史においてティーンエイジャーが労働していないというのは極めて特殊な現象です)。そんな背景があって初めて、王族をこのような目で見るようになるのではないでしょうか、「普通の若者らしい青春がなくて『可哀想』」だと。

そこで初めて、「抑圧されている王族の若者」が街に出て自由とロマンスを謳歌する、という物語が生まれます。その物語は、各国における中産階級の台頭と王族の役割の増々の形式主義化、メディアの発達による王族取材過多によりますます切迫感を増していきます。まさに時代を「圧倒的に先読みした」脚本だったといえるでしょう。「古典」たるべくして「古典」となっている、名脚本家トランボの面目躍如ですね。

そして、この「当時としては圧倒的に斬新だった脚本」はすなはち、「当時の役者たちにとって前例なき挑戦」だったに違いありません。自分の頭の中に全くないパターンの演技を行わなければならないのですから。しかし、抜擢されたオードリー・ヘプバーンとグレゴリー・ペッグの名演はもう言葉で形容する必要もないでしょう。1カットでアドリブ撮影されたという「真実の口」のシーン、「人生はままらないものだよ」に代表される名台詞。王女と新聞記者として二人が向かい合うラストシーン。名場面を挙げたらキリがありません。

特に、アンが「王女として」記者会見に臨むシーンでの王女の話しぶりが個人的には好みです。決められた台詞に準じながらも、所々で、王族としての抑制や中立性の範囲にぎりぎり踏みとどまりながら自分の意見や想いを滲みださせるという話し方。これは、現代の(政治からは形式的に独立している)王族に最も求められる技術の一つでしょう。当たり障りのないことを話しているように見えながら、よく聞けばその人自身が政治や社会に望んでいることが、例えば昨年度の「お言葉」との比較などから分かる。こうした技巧を駆使できなければ現代の王族は務まりません。政治的な発言をしてしまえば国内に混乱をもたらしますし、かといって、全く政治的な意図が見えない発言ばかりでは敬意を維持できず存在価値を失うでしょう。この直前の場面、アン王女が本来の滞在場所に戻ってくる場面で、アン王女は「私が王女としての義務を理解していなければ永遠にここに戻ってこなかったでしょう」という発言をします。そうです、アン王女には「できる限り逃げ続ける」という選択肢もありました。しかし、彼女は能動的に戻ってきた(王族という職業を自分の選択として選んだ)わけです。「自由がない」と不満をこぼして脱走までした彼女をそこに引き戻したのは何だったのでしょうか。それはまさに、「人生はままならない」というジョーの台詞でしょう。自由じゃないのは自分だけじゃない、世の人は誰しもままならない事情に縛られながら生きている。それを理解した彼女は、自分の責務を果たそうと王族に戻ってきたのです。これは想像ですが、彼女はようやく、王族としての仕事に自分の生きる意義を見出したのではないでしょうか。「ままらならない世の中をなんとかする」、という意義を。ヨーロッパの統合や貿易の促進、国際親善の発展が、まさにそのために必要であるということを心から理解したのではないでしょうか。

また、普段は小説読みなのでつい設定や脚本ばかりに注目してしまいますが、映画ならではの表現という点でもこの作品は卓越していると思います。王女脱走のシーンや王女を見つけた際の秘密警察の挙動など、「動き」だけでシーンをダイナミックに演出する技術は映画ならではでしょう。また、登場する下町イタリア人が喋る極めて訛った適当英語も雰囲気づくりに大きく貢献しています。漫画や小説では、わざわざ「訛っている」と地の文で書いたりだとか、様々な形容で表現しなければならないところを、この作品では一撃で、直接伝わってくるスピード感があります。映像作品の強みをよく活かしていると感じました。

脚本が古典的・王道的すぎて現在からすると「古臭くてベタ」と感じてしまうこと以外は大感動の傑作作品(仕方がないかもしれませんが、基準は現在観賞した場合の面白さとします)。物語に興味がある方ならば、普段、映画を観ない人でも観るべきだと思います。