1960~70年代にかけて一世を風靡した立原正秋さんの作品です。1966年に直木賞を獲っておりますが、それまでに芥川賞の候補になるなど、純文学も大衆文学もこなす万能の作家でした。本作は根津甚八さんと大竹しのぶさんの主演でテレビドラマにもなっています。

感想としては、現代の感覚からすれば「ありえない」作品です。それをもってこき下ろす人がいてもおかしくありません。一般的に考えれば、純粋な娯楽作品としてこの21世紀に読んで楽しい作品ではないでしょう。ただ、この作品・作家が「人気だった」ということを踏まえて読めば良い洞察を得られるのではないかと思います。



〇あらすじ

鎌倉の街に、三つ子の男兄弟が別々に暮らしていた。彼らの父、中町周太郎には妻である初子がいたが、彼ら三兄弟は周太郎が結婚する前に交際していた笹本澄子という女性の子供だった。初子が石女だったために、中町家はこの三兄弟の長男、道太郎を後継者として迎え入れたのである。

そんな道太郎だったが、大学を中退して以来、家庭教師と賭博で生計を立てている。酒場で娼婦を買い、病気を貰って悪態をつくような日々。周太郎の妹である久子の娘であり、道太郎から見ると従妹にあたる典子とも関係している。

一方、三つ子の次男である倫太郎は思想にかぶれ、左翼劇団で脚本家をしている。新進気鋭の脚本家として名を上げつつあった倫太郎だが、同じ劇団に所属する恋人悠子と、やはり同じ劇団の女優であり浮気相手でもあるセツ子との間に板挟みになっていた。兄とは違い、やや優柔不断な倫太郎はどちらを取るか決めきれないでいるが.......。

そして、三男の六太郎は「ローズ・ハウス」という曖昧宿を経営する女衒の首領。性器に刻まれた刺青はそれを見るのに米兵が数ドル支払うほどの見事さだった。しかし、この六太郎は幼い頃に誘拐されており、自分が中町三兄弟の末っ子であることを知らない。そんな六太郎を発見し、真実を教えようとするのは、他ならぬ道太郎であった。

それぞれの道を生き、それぞれのやり方で女性と関係を持つ中町三兄弟。それぞれの道が交錯し、それぞれと関わる女性たちの道も交錯するとき、「恋人たち」の運命が動き出す……。


〇感想

あらすじだけでも相当ややこしいですが、ここに典子の姉である信子や、道太郎の友人で女遊びが趣味の僧侶、志馬円道が加わり、頭の中を相当整理して読まないと誰が誰か分からなくなってしまいます。最後は全員がてんでばらばらのペアに落ち着くので、終盤はその転回ぶりがそこそこ面白いのですが、それまでは前振りもなく「誰が誰を犯した」が際限なく続き、しかも、途中にはあまり面白くもないメロドラマが時々挟まるだけというかなり退屈な状況が続きます。

と、ここまではいつもの調子の感想なのですが、現代の感覚をそのままに読むとたいへん非倫理的で、しかも、昔の小説にありがちな、「ストーリー」や「テーマ」や「キャラクター」に一貫したところのない私小説的な作品なので、多くの読者にとっては星1つ未満の論外小説でしょう。生理的に受け付けないという方もいるでしょうし、100人が読んだら少なくとも95人はつまらないと言うはずです。

それでもなおこの本に興味を惹かれる理由としては、作者である立原正秋が1960~70年代にかけて一世を風靡した流行大衆作家であるという点です。現代でいえば東野圭吾さんや宮部みゆきさん、伊坂幸太郎さんや辻村深月さんにあたるのでしょうか。そういった地位にある作家の書く作品の中で、「強姦された女が訪ねてくるなんて、俺も中町(=道太郎)なみになったようだな」という志馬円道の台詞が「肯定的に」描かれます。「always 三丁目の夕日」の例を挙げずとも、例えば近年のNHK朝ドラなどは過去の日本をあまりにも倫理的で清潔な場所として描写しておりますが、「昔といえど『日本』なんだからあんなものだろう」と思っている方々にこそ、息を絶え絶えにしながらもこの作品を読み切って欲しいですね。中森明菜さんの言う通り、昭和58年にあってティーンの二人に一人しか毎日シャンプーをしていないわけですから。



そして未来においても、いまの時代をあまりにも不潔だった時代として振り返る時がくるのでしょう。それは倫理についても同じです。私たちの時代を非倫理的な時代として振り返るときがやってきます。しかも、今はその是非が問われることなどない、自明的に「正しい」こと、それに反することをする人には、直感的・直情的に嫌悪を覚えるような事柄が却って倫理的なことになっているはずです。

そのように、「未来の人が私たちをどう見るのか」という視点でこの小説を見ると、倫理や道徳について相対化した視点が得られるかもしれません。「自分が偏っている可能性」をいつも真摯に見つめられるようになりたいですね。そのような意味で、ぎょっとするような過去の風俗が(過去の作品だから)平然と出てくる作品はわりと好きです。文化と道徳に対するわたしたちの主観のうつろいやすさ・脆さを教えてくれます。「人間」を見ている気持ちになってわくわくします。これまで守られていたルールが破られ、異なる秩序が始まる過程。ルールの「ルール」が変わっていく過程は非常に面白いものです。

古い作品のそういった部分に惹かれる読書好きならば読んでみると良い読書経験になるかもしれません。ただ、普遍的な感動には欠けるのでどうしても星3つ以上とはならないですね。