名作深夜アニメランキングでも上位に入ることが多い作品で、P.A.WORKSの「働く女の子シリーズ」の第2弾という位置づけ。しかしながら、「働く女の子シリーズ」内ではもちろんのこと、同社の数ある作品の中でも抜きんでた人気を誇っています。2014年から2015年にかけて放送された作品にも関わらず、最近になって映画化の発表があり、再び盛り上がっている作品という側面もあります。

内容は評判に違わず名作といってよい出来で、「アニメ」についてのアニメとして一つの業界の魅力を効果的に描き切った作品であり、また、お仕事アニメとして働く人々の強さや弱さ、成功と失敗の感動が見事に表現されています。



〇あらすじ(第1話)

短大を卒業し、アニメーション制作会社「武蔵野アニメーション」に就職した宮森あおい。彼女の夢は「アニメに関わる仕事をする」ことであり、その夢が叶ったのだった。

しかし、現場はそんなに簡単ではない。上がらない絵コンテ、原画は慢性的な人手不足、仕事をめぐる現場内の不和。我儘な監督。制作進行として奔走する宮森は、何度もくじけそうになりながらも、そのたびに周囲に支えられ、アニメを完成させていく。

「アニメに関わる仕事をする」

高校時代、宮森と共にアニメーション同好会に入っていた、同じ夢を持つ4人の友人。安原絵麻、坂木しずか、藤堂美沙、今井みどりたちもそれぞれの役割でアニメ業界に関わるようになっていく。

いつか、五人で一緒にアニメを作る。彼女たちの夢は叶うのか.......。


〇感想

一応、上述のようにあらすじを纏めてみましたが、複数の魅力的な物語が同時並行に進んでいるのがこの作品の特徴で、一つ一つの場面で多くのことが表現されているため、見方によって「どのような作品だったか」というのが大きく変わってきます。そのため、4つの項目に分けて感想を述べていきたいと思います。本稿はその①、5人組が織り成す青春群像劇の、ありそうでなかった「続き」について書いていきます。

まず、宮森あおいが「武蔵野アニメーション」に就職し、アニメ業界人/社会人としての苦しみや喜びを体験していく、というのがこの物語の最も簡潔な紹介になるでしょう。ただ、それにも関わらず、第1話の冒頭は宮森あおいの高校生活の一幕から始まります。アニメーション同好会に所属する5人と共にアニメ―ション作品を一本作り上げ、文化祭で上映する。それを果たした彼女たちは、いつか5人でまたアニメをつくることを誓い、卒業していく。それから2年後......という具合です。

またこの仲間同士で、と誓い合い、そして再会したところから物語が始まるというのは(ぱっとは思いつきませんが)あるにはある物語構成でしょう。ただ、このSHIROBAKOはある点において凡庸な作品との違いを見せてきます。

それは、5人の「卒業後」を劇的ではなく描いているところです。凡庸な作品では、例えば、かつて同じ学校の同じ部活に所属していたのに、いまはこんなにも人生の輝きが違うというような描写から入ります。成功者と失敗者がいて(そしてたいてい失敗者が主人公で)、普段は住む世界の違う二人or三人が偶然にも再会することでドラマが起き、お互いが何か大切なことに気づく、といったストーリーです。

もちろん、それもいい話にはなり得ましょう。しかし、「同じ学校で同じような生活をしていたのに……」というのは現実になかなかあることではないのです。「同じ学校」くらいなら、全く別の道に進んで大成功/大失敗している人がいてもおかしくありません。しかし、いわば「仲良しグループ」はその時点で既に同質な人物同士の寄り合い所帯なので、そう大きく人生のなにか「輝いている感」に違いが生まれる可能性は低いものです。それゆえ、上述のような作品は「成功者」と「失敗者」がいるという偶然、あるいは、その「成功者」と「失敗者」の間に何らかの縁があるという偶然のせいで、「これはフィクションだ」となってしまい、多くの人にとって現実的には感じられないでしょう。

その点、SHIROBAKOにおける元アニメーション同好会員5人の進路は凝った設定になっています。主人公の宮森あおいは短大の経済学部を卒業後、大手ではないアニメーション制作会社「武蔵野アニメーション」に就職。制作進行を務める。アニメーター志望だった安原絵麻は高校卒業後にアニメーターとして同じく「武蔵野アニメーション」に就職しており、この二人が同じ職場で働く一方、藤堂美沙は3DCGの専門学校を卒業してCG制作会社スーパーメディア・クリエイションズに就職。今井みどりは四年制大学に進学し、坂木しずかは声優の養成所を出たあとプロダクションに所属。一見、四年制大学以外は物語の都合上「アニメ関連」をかき集めたように感じられますが、スーパーメディア・クリエイションズは自動車のCGで名を上げてきた新進気鋭のCG会社という設定でアニメーション制作は行っていませんし、宮森あおいもまた、いったんは短大の経済学部に進学するものの(アニメーション制作会社の制作進行は大卒である必要はない)、結局、アニメーション制作の道に戻ってきたというもの。宮森あおいも高校卒業時点では決めきれずに短大に進学したということが仄めかされますし、藤堂美沙にいたっては給料や福利厚生といった待遇で会社を決めたと明言されていますから、アニメーション業界という厳しい業界に一直線という人物ばかりにしていない現実感覚に好感が持てます。今井みどりの通う大学もキャンパス等の描写から東京女子大学だと推測されており、ここも特段、アニメーション業界に近いような学科を持つ大学ではありません。むしろ一般的な就職に強いイメージで、日芸(日本大学芸術学部)等ではない大学がモデルとして選ばれているのは、作中で脚本家志望であることを前面に打ち出す彼女もやはり(本人の意思か家庭の判断かは分かりませんが)、セーフティネットを張るような進路という設定なのです。

一方、高校時代から己の道はこれだと決めてリスキーでもその道に突き進んでいるのは、アニメーターの安原絵麻と声優志望の坂木しずか。ただ、安原絵麻はアニメーターとして東京で就職することそのものに親が反対している描写があり、また、彼女が住むアパートもアニメーターの薄給を意識した非常に慎ましいもの。坂木しずかに至っては声優一本で食べていくには程遠い状況で、アニメの仕事はあってもガヤ要員でしかなく、バラエティ番組のボイスオーバーやイベントでの着ぐるみキャラクターへの声あてなどをこなしながら生活のため居酒屋でバイトをしているという設定。

この設定もなかなかのリアリティで良いと思うのですが、ここからがこの作品の良いところ。本人も、そして周囲の人間も、そんな苦しさに取り立てて言及しないのです。過剰描写な作品でありがちなのが、主人公あるいはメイン級の脇役が自身の境遇にやたらと言及し、「貧しいけど頑張るぞ」のような発言をしたり、周囲が「あの子は苦しみながらも頑張ってるよ」などど芝居がかった台詞を放ったりします。

しかし、それはまずもって現実ではありません。黙って粛々とボロい家と職場を往復し、周囲の人物(友人、同僚....)もそのことには強いて言及しません(特に現代においてこの傾向は強まっているように思われます。相対的貧困率は変わらないばかりか悪化しているにも関わらず、「相対的に貧困であること」の社会的羞恥が強まっている可能性を個人的には考えています)。そのうえで、そういった環境で暮らすということはどういうことか、という描写をしっかりと入れてきます。

まず、安原絵麻ですが、昼食(作り置きのカレー)を摂りに昼休みはいったん自転車で帰宅するという描写があります。これはなかなかどの業界でも見られないことなのではないでしょうか。また、武蔵野アニメーションの他の面々がそのようなことをしている様子もありません。新人だと年収100万円前後もザラと言われるアニメーター界の過酷さをよく表しています。あえて貧困を描く作品(最近だと「万引き家族」でしょうか)でない限り、中産階級の生活を当然と考えて生活してきた人々がぎょっとするような貧困描写は「見ている人の気分を害するので」入れないようにする(貧困描写さえコミカルにする)のが悲しくもエンターテイメントの常道ですが、日中に帰宅して侘しい部屋で一人カレーを食べる描写を入れるというのはその制約を考えるとかなり踏み込んだ決断で、なおかつ、作品全体の雰囲気を壊しておらず、小さな描写ながら非常に評価できると考えています。

次に坂木しずかです。こちらは本業とバイトの掛け持ち。ですが、それでも絵麻よりはいい部屋に住んでいるというのが興味深い描写ですね。残業(おそらく全てサービス残業)だらけの絵麻よりも、バイトをする「時間がある」坂木しずかの方がまだ豊かな生活を送っていることをさりげなく示すことでアニメーターのリアルを、やはり物語が持つ明るさを損なわない程度に、むしろ明るさをより引き立てるための隠し味的な要素としてしっかりと入れているのが細部までのこだわりを感じます。

もちろん、貧困家庭ほど物が多くごちゃついており、富裕層ほどかえって一点豪華主義ですっきりした部屋に住んでいるというのも社会研究ではよく示されるところでありますが、坂木しずかの部屋は物(特に衣服)が多く、絵麻の部屋には恐ろしいほどに物がないというのは、むしろ二人の生活スタイルや性格を表すものだと受け止めるべきでしょう。絵麻にとって部屋とは本当に寝るだけの場所であり、坂木しずかにとってはボイストレーニングや台詞の練習をするなどある程度仕事と関連している場所であるという違いがこの差を生み出しているという解釈です。加えて、絵麻はイラストレーションにどっぷり嵌る、どちらかというと仕事狂いな人間なのに対し(おそらく幼い頃からイラスト以外眼中にない芸術肌)、しずかは音楽やファッション、ノリの良い会話などにも年相応に関心を寄せていたに違いありません。作中では二人の髪型や服装にその違いが表れています。アニメでは(特に深夜アニメの女性キャラは)ほとんどの登場人物が容姿端麗に描かれますが、実際を考えると3~7割引で見るのが相場であることを考慮しつつ、改めてこの二人の描かれ方を見ますと、きっと絵麻はクラスで一番大人しい女子グループにいる、決して美人とはいえず、語弊を恐れずに形容すれば普通未満の容姿を持つ存在で、しずかは並み以上の容姿やコミュニケーション力を持ちながらも(だからこそ?)、声優のような特殊な分野に興味を持つために、アニメーション同好会に所属しているという立場なのでしょう。だからこそ?、としたのは、努力しなければ「普通」になれない人間こそむしろ自分がいま見た目やコミュニケーションにおいて「普通」であるかを恐る恐る見計らっていて、対して、余裕でその「普通」ラインを越せる人間はどんな振る舞いをしても(多少浮いても)クラスでの地位を確保できるため却って自分の気持ちに素直な活動に勤しめるという傾向があるように思われるからです。ここで本論に戻りますと、元アニメーション同好会の5人のうち最も「素」の社会的能力の高そうなしずかが最も苦杯を舐めている(本業で食べていけない)という設定は光ります。5人が目指すアニメ業界内の仕事で対外的に最も華々しいのは声優業で間違いないでしょう。世間に広く人気が浸透しているとは言い難いですが、マスメディアへの露出等もひと昔前よりは格段に増え、人気声優ともなるとライブや握手会が開かれるなどアイドルに近い扱いを受けております。だからこそ、声優を目指す人物に坂木しずかを割り当てた(もちろん、最後に坂木しずかがルーシー役に抜擢されたのは容姿が理由というわけではありません。ただ、容姿が一定未満の設定なのに有力な声優プロダクションに所属できたり、オーディションに呼ばれる(事務所が推す)ことがあるのかといえばそうでないというのが現実でしょう)のではないでしょうか。容姿が並み以上でコミュニケーション力のある彼女が声優の仕事を獲れない。しかも、中盤以降は「第三飛行少女隊」に関わっていないのは彼女だけ。そのことが明らかになり、惨めさが露わになる場面の気まずさだったりを逃さず描写するのがこの作品の良いところです。暗い部屋で一人、安いプライベートブランドのお酒を飲みながらテレビに映る女子高生アイドル声優に不穏な言葉を投げかけるシーン。あのシーンをコメディにしない(布団の上でじたばたするなどの描写を入れない)ところ、真剣に上を目指しているからこそ感じる葛藤と屈辱を表現しようとする真摯さは深夜アニメでそう見られるものではありません。そんな場面でも、自らのいまの貧しさを嘆いたりしませんし、他の登場人物もそのことに言及して慰めたり、気を遣わせたりはしない。偶然なのか、意識して徹底されているのか、いずれにせよこの作品を傑作に仕立てています。

さて、このアニメ業界一直線な二人+迷いながらも武蔵野アニメーションに就職した宮森あおい以外の、藤堂美沙と今井みどり。5人で同じアニメを作る、が最終目的の作品であるからには、当然この2人も物語中盤からアニメづくりに関わるようになってきます。藤堂美沙はスーパーメディア・クリエイションズを辞め、スタジオカナブンに移籍するという形で。今井みどりは宮森あおいが作品設定のちょっとした調べものを今井みどりに頼んでいたことが社内で発覚し、武蔵野アニメーションとしても今井みどりに頼ろうということになるのが契機で作品づくりに参画します。

藤堂美沙も待遇だけでスーパーメディア・クリエイションズに入社したのではなく、アニメのことが頭に残っていて、このスーパーメディア・クリエイションズの社長が元々有名な3DCGアニメに関わっていたことを知っての入社という設定になっています。その社長に「もうアニメは作らないんですか?」と問い、「自動車関連の仕事を受け続けているから安定していて給与も良い」と返される。そして覚悟を決めてアニメの仕事を請けている会社に入る。藤堂美沙は5人の中でも描かれるエピソードが比較的少ないのですが、良くも悪くも「最も常識人に近い」からなのでしょう。手に職がつけられる3DCGの専門学校に進学。安定した職場とアニメという夢で迷う。アニメ一直線の安原絵麻や坂木しずか(+この作品に出てくるアニメ業界の人々の多数)、アニメ業界志望ではあるものの、大手に就職できなかったから武蔵野アニメーションにやって来た宮森あおい、まだ大学生で社会を知らない今井みどり。藤堂美沙の、「安定した業界を辞めてまでアニメ業界に関わる」という決断はこのような人々の人生とは対照的であり。藤堂美沙のような視点・エピソードが挟まるからこそ、アニメ業界が本当に「夢を追うだけの業界」であることが際立ちます。声優を目指すというのがアイドルやお笑い芸人を目指すのと同じというのは想像がつきますが、3DCGの技術者でこれというのはなかなか驚きですね。

そして、今井みどりは「武蔵境の駅にディーゼル車が通っているかどうか」という設定上の調査を宮森あおいの代わりに行ったことがきっかけで武蔵野アニメーションでアルバイトを始めるという関わり方。ここのリアリティはアニメ業界に詳しくないのでどうとも言い難く、判断しかねるところです。普通の会社ではあり得ないことですが、コネ(それも積極的に作ったものではなく、「知り合いだから」程度で)や偶然によって制作に関わるようになる、というのがいかにもありそうな業界なので。そういった他の業界にはあまりない慣行を反映した立ち位置のキャラクターとしてアニメ業界の側面を描写しているのなら素晴らしい脚本・設定構成だと思います。彼女自身は非常に押しが強く、シナリオライターに自分を弟子にしてもらうように頼みこんだり、独特の個性で職場に素早く馴染んだりと、こういう人が成功するんだろうなという要素が詰め合わされていて、「コネ」業界で活躍する要素とは、という点でも、こんなものなのだろうなと思わされます。

ちなみに今井みどりは大学生ながら宮森あおいと同じアパートに住んでおり、「3DCG>大学生(仕送り)≧制作進行>アニメーター≧声優」という生活格差をしっかり描き出しているのは、繰り返しになりますが生々しくて良いところです。これをコミカルにせず、淡々と背景描写として挿入できる作品は意外と少ないものです。宮森あおいが大手アニメーション制作会社に面接で落とされ、「しょぼいけどアニメ業界だから」という理由で面接を受けに来るのが安原絵麻の所属する武蔵野アニメーションであるというのもさらりと描かれますが友情という観点からは緊迫感のある状況ですし、短大卒の宮森あおいの方が、高卒3年目アニメーターの安原絵麻より待遇が良い、というのも異様な慣行を上手く表していて好きです。あおい入社直後の二人の会話なんかを聞きたいですね。

宮森あおい、安原絵麻、藤堂美沙、今井みどり、と次々に元アニメーション同好会員が同じアニメ(第3飛行少女隊)の制作に参画していく中で、一人取り残される坂木しずか。しかし、第3飛行少女隊最終話の脚本が土壇場で変わり、新しく投入されるキャラクター、ルーシーの声優としてしずかが抜擢される、というクライマックス(最終回の一つ前の話なのですが、実質これがこのSHIROBAKOのクライマックスです)を迎えます。この展開に至るまでには数多くの、なかには見え見えの伏線まで大量に敷き詰められるのですが、それでも感動はひとしおでした。22話分、みっちりと「坂木しずかの屈辱的な日々」を様々な角度から描いたこその感動でしょう。「声優を目指している友人がちょい役を当てる」ことを最後の盛り上がりのタネとしてここまでの盛り上がりを持ってくる水島監督の力量には驚かされるばかりです。しかも、私たちの人生でも、そうした小さな成功の感動が、あり得る最大レベルの感動だからこそ、身と心に染みます。

また、そうした成功を坂木しずかが得るための「下地づくり」においてもこのアニメは凝ったアプローチを見せます。「第3飛行少女隊」そのものは(美)少女たちが戦闘機を駆って敵と戦うという典型的な深夜アニメもの。坂木しずかが僅かにアニメ業界に関われるシーンでも、それはハーレムアニメであったり(オーディションで落ちる)、腐女子人気が出そうな野球アニメ(ガヤのみ)だったりするわけです。ただ、彼女が声優としてこなした他の仕事は違います。バラエティ番組におけるボイスオーバーでは田舎のお婆さんの声を演じ、子供に人気の可愛い豚のキャラクター、「ウメブー」のイベントではNHK教育で出てきそうな子供向けキャラクターのかん高い声を演じています。いわゆる「萌えアニメの声」だったり、アニメ曲の歌唱力ではなく、そういった万民に届く声が出来る人が「地力」を持っていて評価される。業界の現実を反映しているのかは分かりませんが、流行り廃りに流されない本物の力を持った声優に坂木しずかが成長していってこその結果という見せ方には好感が持てます。萌えアニメの声優はいくらでも代わりがいますが、浪平やピカチュウの声優の代わりは簡単に見つかりますでしょうか。ドラえもんの声優が変わったときには明らかに「変わった(変わってしまった)」と多くの人が感じたでしょうし、もはや違う作品になったと感じた人も少なくないでしょう。野原しんのすけの声優もついに変わるようですが、それなりにインパクトのある事件です。凡庸な声優と卓越した声優の違い、そこに現れる地力の違いは、深夜アニメのヒロインの声の演じ方ではなく、田舎のお婆さんやウメブーの演じ方に依拠しているのかもしれません。

このような描写は、実は他のキャラクターでも描かれていて、例えば脚本志望の今井みどりはドストエフスキー作品(=古典文学)のファンであり、「
武蔵境の駅にディーゼル車が通っているかどうか」という、劇的なストーリーを作るというよりもストーリーのリアリティを固めるための設定づくりへの貢献で認められています。良い脚本とはなにか、良い脚本を作れる脚本家(の卵)とは何か、という問いに対して、「古典を読み、自分の力としていること」「細部の設定のリアリティを詰めていること」を主張する構造となっております。宮森がアニメ業界に入ったきっかけも、いわゆる萌えアニメや声優のイベント等ではなく、かつての「世界名作劇場」を彷彿とさせるアニメ、「山はりねずみアンデスチャッキー」に感動したからという設定。小公女、フランダースの犬、アルプスの少女ハイジ。アニメに老若男女が共感でき、心を震わせられるものだった時代。そんな時代の作品が彼女の根幹にあるという描き方。アニメ制作会社がアニメ制作現場のアニメを作っているという前提を考慮すれば、声優・脚本・制作進行のキャラクターにこのような設定を与えることは感慨深く思います。美少女ではなく動物を上手く描ける杉江さん、自動車のタイヤを上手く描ける藤堂美沙にスポットライトが当たるのも、もしかしたらそういうことなのかもしれません。

キャラクターの設定というところでは、同じ高校の出身としつつも、高卒アニメーター、専門学校卒CGクリエイター、養成所出身声優志望、短大卒制作進行、現役大学生と上手く学歴を散らし、それぞれの家族が娘にどう接しているか(安原絵麻の両親はアニメーターになることに反対、娘は抵抗し、1年だけの仕送りで決着。宮森あおいの両親はあおいを応援している)を出すことで奥行きが増していますよね。遠藤夫妻・杉江夫妻の生活や、一人暮らしの瀬川さん、ヒルクライム中心生活の木佐さん、離婚歴のある木下監督など、それぞれの「背景」がさらりと描かれることで、様々な人生を往く人々の集まりが会社/社会なのだという現実的感覚に訴えていますし、まるで武蔵野アニメーションや作中の様々な会社・学校が実在しているような錯覚を視聴者に持たせているのではないでしょうか。視聴者も老若男女、誰もが共感できるキャラクターを見つけ、そしてそのキャラクターと周囲の人物とのやりとりから、半ば自分の生きている世界の出来事として捉えてしまう、そんな効果が生み出されています。少年少女と非現実的な大人たちだけの閉じた世界が舞台の作品とは一線を画しているところです。

そして何より、こうしたリアリティの重なりによって、ある重要な、非現実的な奇跡を読者がすんなりと受け入れられるようになっています。それは、高校生活で気の合う仲間5人と一緒にアニメをつくり、その5人がずっと連絡を取り合っていて、最終的に同じアニメのワンシーン(第3飛行少女隊のラストシーン)を作るということ。一見、劇的な要素などないように思えますが、しかし、私たちの現実的な人生を振り返ったとき、これがいかに奇跡的なことなのか、胸に染みて理解できるのではないでしょうか。私たちの人生に、起こりそうで起こらない、ささやかで強力な「奇跡」。この類の「奇跡」で視聴者の胸に迫るアニメは、近年においてこのSHIROBAKOを除き見たことがありません。ありそうでなかった「青春の続き」を描くアニメとして、SHIROBAKOは後世になるほど古典として評価される作品になっていくのではないでしょうか。


今回は主に主人公格の5人に話を絞りましたが、それ以外の点(②、③、④)については次回にまた述べたいと思います。