1947年の初版発売以降、日本文学の古典としての地位を不動のものとしている作品。名実ともに太宰治の代表作でしょう。ピースの又吉さんやオードリーの若林さんなど、本好きのお笑い芸人も太宰を好きな作家として挙げるほどで、人気は今日になって勢いを増しているのかもしれません。

とはいえ、この作品を好むことができるのは、ヒロイックな登場人物たちに自己投影できるような根っからの読書好きではないでしょうか。旧道徳の退廃と新しい時代の到来の中で流行小説として人気を博したのは分かりますが、今日の日本や世界における、道徳的経済的な没落・凋落の深い部分を捕らえていると言えるほど普遍的な作品ではないように思われました。



〇あらすじ

舞台は戦後すぐの日本。かず子とその母は戦前に貴族であったが、父を亡くし、財産も残り僅かという状況に追い込まれた結果、東京の邸宅を売って伊豆での生活を始めていた。

慣れない田舎での生活。収入もないのに働かないかず子の「貴族」的な態度にやっかみを覚える住民もいる。当然、財産はどんどん減っていく。そんな中で戦地から帰ってきたのは、かず子の弟である直治だった。阿片中毒の直治は狂人そのもので、お金を持ち出しては東京で放蕩生活を送るようになっていく。

なに一つ希望が見えない中、母の死をきっかけに、かず子はある人物への恋を成就させる決意をする。最後の貴族として、そのあまりにも貴族然とした振る舞いを最後まで貫き通した母の死は、かず子に旧来の道徳を破る決意をさせたのである。恋の相手は直治の尊敬する作家で、妻子持ちの上原という男だった。

太平洋戦争に敗れ、これまで縋ってきたあらゆる価値観が崩壊していく日本。崩れゆくものに呼応するようにして亡くなっていく人々と、新しい道徳を胸に立ち上がっていくかず子の物語。


〇感想

古い小説を読むときは当然、登場人物たちはその時代の常識に従っているのだということを意識しなければなりません。読書家としては当然のリテラシーですし、古いからこそ却って新鮮な価値観との出会いに喜びを感じたり、「昔」というものに対する自分の思いこみが払拭されていくことを楽しみに読書をしているという人も、読書好きならば多いのではないでしょうか。

この「斜陽」はまさに「道徳」が前面に押し出された作品だけあって、そこを強く意識しなければ上手く展開や「斬新さ」が飲み込めない作品になっております。主人公のかず子は30手前の女性でバツイチ、自分の浮気を疑われたことが原因で前夫とは離婚しています。結婚や家同士の付き合いがより重要視されていた時代の人物としてはかなり自責の念や自己否定に苛まれながら生きているといえます。振舞い方や感覚も、庶民と比べれば圧倒的に貴族ですが、母親と比べればそうではないという程度です。世俗的な空気を露ほども感じさせない母に比べ、かず子は庶民にも貴族にもなりきれないような性格・生活をしています。

そんなかず子のもとに帰ってきたのが、弟である直治。文学や革命思想に傾倒していた彼は精神を病み、薬に手を出し、どうしようもない人間になっています。貴族であることに葛藤を覚え、そして、どうしても庶民になれない、という罪の意識が彼を狂人にします。幼いころから染みついた感覚から人は逃れられないものです。富貴の家に育った人が、革命思想や哲学なんかに当てられたうえで、なおかつ、自分自身がもう革命思想や哲学の敵のような人種から脱出できないのだと自覚すれば、心のうちは荒むことでしょう。

そしてまた、直治が尊敬し、かず子が想いを寄せる上原という画家も崩れていく人間の一人です。戦争とその後の社会の大変換がもたらした価値観崩壊の衝撃はすさまじく、毎日毎日酒を飲み明かす生活を彼も続けています。

たとえどんなに「戦後」から浮いていたとしても、貴族として死んでいった母。戦前から既に革命的な思想に触れ、その烈しさに耐えられず身を崩していく直治。「戦後」という衝撃に、まさに崩されようとしている男、上原。1947年というと、まだまだ社会の大多数が文学を手に取るという時代ではないでしょうから、戦前に勃興していた中産階級以上が買うか否かがベストセラーの境目だったはずです。そして、そういった「知識階級」が「世論」を形成していた時代です。そうなると、確かに、この「斜陽」が当時の中産階級以上に受け入れられ、なおかつ、辞書の「斜陽」の欄に「没落」という意味を加えさせるほど社会に影響を与えたのも納得ができます。貴族は爵位も財産も取り上げられて名実ともに貴族ではなくなり、中産階級もまた、敗戦の中で安泰と繁栄を描いていた将来像が失われる。例えば、いまこの瞬間から、日本の正社員にも解雇規制がなくなったとしましょう。実際に企業がすぐに解雇を始めるかわかりません。しかし、社会全体に茫漠とした、しかし、濃密な不安がふりかかるでしょう。いきなり目の前が灰色に霞むような感覚がするに違いありません。敗戦とはきっと、それ以上のものだったのでしょう。

そして、そんな状況から立ち上がるのが、主人公、まさに主人公であるかず子なのです。恋と革命こそ新時代の道徳だと、人間の使命だと確信し、上原に手紙を書き続けます。事実、戦後日本では自由恋愛が広がり、メディアの力などもあって恋愛は美徳にまで押し上げられました。一方、旧来の価値観を色濃く残す結婚制度は強く維持され、近年でも芸能人の不倫が反道徳的な行いとしてワイドショーを騒がせています。嫁・姑の関係など、旧来の「家同士のつながり」という結婚の側面もずっと尾を引いておりました。自由恋愛が本源的に道徳なのだとしたら、不倫も道徳ですし、恋愛にはなんの関係もない「家同士のつながり」をはじめとする様々な拘束を恋愛の結果として求める結婚制度は不道徳でしょう。戦後という時期においては、どちらかというと欧州が早くも「結婚」という制度から抜け出し始めています。フランスやスウェーデンなど、結婚しないカップルが半分に迫る勢いなのは自由恋愛の結果としては当然だといえます。

翻って日本はどうでしょう。恋愛‐結婚‐(出産)という繋がり、自由恋愛制と旧来の家族観・道徳観を無理矢理に繋ぎ合わせたシステムは相当前から軋んでいます。家族は崩壊し、結婚する人は減り、恋愛からも次々と人が離れていっています。いま日本が直面している問題を考えると、この恋愛と家族と道徳の関わり合いこそが戦後の価値観の本質になるだろうと太宰が見抜いていたようにも思われて、さすが大作家であると感服してしまいます。

とはいえ、この作品はあくまで「貴族」からの凋落を描いており、登場人物たちの、現代から見ると「甘えきった」価値観は、じりじりと衰退していく現代の中産階級に訴えかけられるものではないでしょう。文学に嵌ってしまい一般的な価値観にはついていけなくなってしまうくらいの読書中毒者や、それに類する「崩れ者」がこの作品を好むのは分かりますが、そうでない層に受け入れられるかといえばそうではないでしょう。もちろん、私自身はある程度この作品に共感するところはありますが、それでも普遍性の欠ける部分が鼻につきます。

恋愛こそ道徳だ、と自覚し、妻子持ちの男に不倫を迫るかず子の姿には違和感を覚える人もいるかもしれません。しかし、太宰は気づいていたのでしょう。もし、恋愛が道徳や価値観の中心となり、賛美されるものになるならば、信じられないくらい多くの道徳や価値観をこれから逆転させなければならないはずだと。そして、逆転させずに、矛盾を各家庭や個人に圧しつけたままずるずると来てしまったのが現代の現実なのかもしれません。

多くの人に勧められるか、といえばそうではありません。確かに読みやすい文体ですが、思想的な文章も多く、途中で投げる人の方が多いでしょう。かず子がどれくらいリアリティのある人物なのか、その時代に生きなかったので分かりませんが、この作品をいま発表すれば、男性とってあまりに都合の良い、妄想の産物であるという批判が免れない人物造形であるのも事実です。まさに文学好きの文学好きによる文学好きのための作品。読書家にとっては古典として安定した楽しみを与えてくれるでしょうが、一般にはつまらない作品に分類されるはず。そして、終戦直後から現代を占っている作品としては素晴らしいものの、現代からさらに将来対して示唆を与えてはおりません。そこを考慮して星2つとします