pixivで連載されていたコミックエッセイの書籍化作品。「寂しさのあまり性体験をしたこともないのにレズ風俗に行く」というセンセーショナルな煽り文句と、その切実な内容のコントラストが魅力です。



〇あらすじ

大学中退後、精神的な病気を患い、アルバイトも長く続かなかった著者、永田カビ。親との関係も上手くいかず、頭には「死」がよぎる。「なにくそ、立ち直ってやる」。そう意気込み、息苦しさから自分を解放するために選んだ手段。それはレズビアン風俗に行くことだった。

生きづらい現代で自分に自信を持つとはどういうことか。レズ風俗での体験を通じ、著者が自分として生きていく過程を掴んでいく物語。


〇感想

きっと共感できる人とできない人は真っ二つでしょう。真っ二つにする基準は、「自分に自信を持っているか否か」です。そして、現代を生きる人々を敢えて二つに切り分けるとして、その基準として「自分に自信を持っているか否か」は普遍的かつ包括的で、相応しい基準なのではと思います。そこには、個人の性格とそれを形成してきた家庭や社会の環境が如実に反映され、生き方そのものに深くかかわるうえ、自信を持っている人/いない人は決して相互に理解しあえず、共感できない。相手の立場や気持ちを想像することさえ困難であるというのっぴきならない溝がそこにあるからです。

自分に自信を持って生きられる人、というのは、なにをやっても息苦しさを感じない人。現代の「普通・常識」をそのまま自分自身の「普通・常識」として当てはめても存分に生きていける人です。人間関係構築の端緒に苦しんだり、当たり前のことができないなんてことはありません。無意識のままの動きがそのまま常識やその場の空気にフィットするような人々です。

その対極にいる人々が著者の立場になっています。こうした人々は、周囲に「認められる」ことがありません。それどころか、いつも「自分はまともに生きていないのではないか」という不安や焦燥に悩まされ、ますます自分自身を追い込み、どんどん普通の生活から遠ざかっていく、という悪循環が生まれます。

親に自分の好きなことを否定され、それも、(親が「親自身の信念を発露させて」)激しく否定するのではなく、世間・常識・普通はそうでしょ、と、狂人を見る目で否定してくるとき、子供は言葉をぐっと飲まざるをえません。もう議論はできないのです。できないのに、その親に、自分の心を誤魔化し、そして「ちゃんと誤魔化せているだろうか」という不安を抱きながら生きなければならないのです。

そういった状況から、著者が「とにかく抱きしめられたい」と思うのも無理はありません。「自分に自信を持って生きている人」は「常識」が無条件な肯定を与えてくれます。その対極にいる人は、常に否定を受け続け、無条件な肯定を得たことがありません。

著者が思い切ってレズ風俗に行き、お姉さんに抱きしめられ、少しだけ生きる自信を取り戻す。これは自然なことですし、そして著者も気づくのです。この「自信」というものが、どれほど万能で有用なツールなのかということを。これがあるからこそ、努力のための次の一歩を踏み出すことができ、それができてようやく、人生において「実利」と呼ばれているもの。労働やお金にありつくことができるのです。

歴史的に見て中世の農村などと比較すればそうでもないのかもしれませんが、十年ほどの単位で見れば、SNSの台頭や災害報道などにより、強い共感や紐帯が強調され、周囲に同調できない人が殊にあぶり出される風潮がやや強まりつつあります。そんな中で、このような本が出てくるのは良いことでしょう。

ただ、著者ははっきりと上述のような分析を打ち出せているわけではなく、あくまで個人の体験を綴っているだけです。その点において、物語的な工夫や、著者が意図して訴えかけようとしているものはありません。表現として卓越している要素も見られないとなれば、著作としては星2つが妥当でしょう。ただ、こういった作品の層が厚くなってくれば、その集大成のような作品も生まれてくるはずであり、そこに期待が持てます。