「タッチ」「みゆき」等で有名なあだち充さんの作品。

高校水泳部を舞台にしていますが、ストーリー展開はいつものあだち充パターンが全開。スポーツのできる主人公。訳ありな関係の幼馴染。立ちはだかるライバル。そして誰かが死ぬ(もしくは重傷)。

その意味であだち充らしさがふんだんに盛り込まれた作品なのですが、悪く言えば「あだち充止まり」の作品。

ファン層以外には受けづらいのではないでしょうか。一般的な漫画ファンとしては+αが欲しいところでした。



〇あらすじ

舞台は私立栄泉高校水泳部。競泳の大和圭介と飛び込みの二ノ宮亜美は幼馴染だがぎくしゃくした関係。

その理由は、お互いの実家がライバルの和菓子屋であること。しかも、先代の時には「やまと」が「にのみや」のパクリ商品で人気を得てしまったという因縁があった。

高校生活の偶然を通じて誤解が解け、惹かれあう二人。

しかし、もう一人、二ノ宮に想いを寄せる人物がいた。その名前は仲西弘樹。自由形100mの日本記録保持者である。恋と水泳。大和は両方で仲西に勝つことができるのか。


〇感想

悪い点はないのですが、良い点もないというのが本作の印象。

大和と二ノ宮のぎくしゃくした関係はラブストーリーの掴みとして良い役割を果たしていると思うのですが、そもそもその原因が誤解にあるというのが厳しい。

恋の行方は二人に決定的な努力や変化を強いることなく、ドラマや葛藤が生まれません。また、わき役たちもいいやつばかりなのですが、それが結局、ストーリーをワンパターンにしています。

悪い奴が現れ(あるいは事件が起き)、それを大和とその同級生たちが有り余る才能で解決し、ちょっと余韻の引く台詞を言うだけになってしまっています。粋な場面は多いのですが、どれもベタな粋さで再放送時代劇のレベルです。

加えて、ライバルである仲西弘樹もイマイチです。最初から日本記録保持者という、大和では絶対に適わない相手を出してしまったため、仲西を怪我させることで最終決戦の同じ土俵に立たせるという演出になってしまっています。

これでは、二ノ宮を巡った二人が切磋琢磨するという熱い場面が訪れないのは当然で、全体にストーリーが薄くなっていました。

さらに、どの登場人物も傑出した能力を持ちすぎており、コンプレックスもいまいち少なく、一般読者の感情移入を促さなくなってしまいます。私はあだち充のなかではH2が好きなのですが、特にそれとの対比でだいぶ劣るように見えてしまいます。

高く評価している人もいるようですが、私としては低評価です。熱心なあだち充ファンなら読むべきというくらいでしょうか。